第5章 飛翔



8月18日 15:00 木の広場。
リカお姉さんの呼び込みから始まったショー。
お客さんたちもすでに良い感じに温まっている。

さあ、いよいよレンジャーたちの登場!
順番に出て行くと、いきなりの爆笑と拍手。
こ、これはいけそうだーーー!

テンション上がってきた

ショーは台本どおりテンポ良く進行。
ミスがあってもみんなでフォロー。
さすがレンジャー!結束力が強い!

そして、目玉である、魔王とレンジャーのガチンコ勝負に突入。
もうみんなテンション上がりまくってて、勝負は必死である。

叩いて かぶって ジャンケンポン!

初戦、引き分け連続ののちにみどリスボンが勝ったと思えば、
第2戦、ホワイト渡辺は魔王が瞬殺。
魔王:「ガハハハハ!大阪の芸人には負けんぞぉ!」
第3戦で、(卑怯にも)二人がかりで魔王を潰しにかかるアカアオニシティ。
赤:「これが京都パワーや!」
第4戦はキャラ設定の都合上、あっさり負けたイエロッキィ。

まさかの2勝2敗で、ショーはクライマックスを迎えることになった。



魔王 VS 桃。


勝負は 一瞬。



先手を取り、とどめを刺そうとした桃の手が止まった。

ど、どうしたんだ!桃!

静まり返る一同。
かすかに震える桃の手から、武器が滑り落ちた。


桃:「倒せないよ…。私…、私…、魔王のことが 好きだからッ!」

魔王:「ハッ…。実は… わしも ずっと 好きだったんじゃーーーー!」

駆け寄り、熱い抱擁と××をする二人。
泣いた。全米が泣いた。
拍手と歓声と涙に包まれる会場。
こうして、魔王を仲間に加えてナナレンジャーになり、
コラボショーは大団円を迎えた。



ハッピーエンド






レンジャーたちが去った後、
ポツン、と残された ショッカー二人と、美女…。

平和と愛の訪れた世界に
今また新たな脅威が生まれたことを、
レンジャーたちは、まだ、知らない…。







忘れてもらっちゃ困るぜ


戻る トップへ