北海道旅行記2

2004/8/13(FRI)みきおと コボと らがぁ(らがぁ)
その平原祭りの開幕の前夜に
我らの夜の屋台祭りも開幕だ。

ちゃちゃと屋台でラーメンを食べていると
加藤みきおさんと石川コボちゃんが現れた。
「そこの屋台で飲(や)ってますわぁ〜」

ううう・・・・
これは逃げられそうもないな・・・・
噂に聞く、コボ・マジックか。

案の定、こそこそっと横を通り過ぎようとしたらコボちゃんに捕まる。
「みんな、みんなぁ〜、こいつらジャグラーやで!
 トマトでお手玉させよーや〜」
ちゃちゃはこの辺で逃げる用意をしてた。流石や。
ま、俺は実はみきおさんやコボちゃんと飲んでみたかったので
潔く捕まったのです。

そこからがおもろいおもろい。
芸歴の長い方の持つ数々の逸話!!
此処には到底書けない馬鹿話の数々。
そして芸に対するアツイ想い。

横にいたお客さんも巻き込んでの爆笑の渦の中、
時が飛ぶように過ぎていく。

お店も閉店時間なのに関係無しにおかぁちゃんが
玉蜀黍(とうもろこし)を15本ほど茹でてくれた。
うお〜、食べまくるぜい。
ううう、満腹満腹。。。


そして、芸人以外誰もいなくなった屋台で
我々三人はアツク語り合ったのです。
この話は俺の胸の中に大事にしまっておくことにする。
ありがとう、コボちゃん、みきおさん。
そして屋台のおっちゃん、おかあさん


これは後日ケーボーさんと謝謝さんが屋台の中でショーをする様子である。
こんないい空間で飲めるのはほんまにここだけでっせ


そして、我々は千鳥足で帰路につき
帯広の夜は優しく俺たちを眠りにいざなってくれたのです。


次こそいざ、平原祭りへ。


北海道旅行記2へ

トップへ